スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影テスト


建築中に画角のテスト撮影を行いました。それと街中にミニフィグ置いたらどんな感じになるのか見たかったのもあります。うーん。サムネイルサイズだとミニフィグの表情までは判りませんね。かといってミニフィグをアップにすると今度は街が写らなくなる。色々試します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

凄い作品!写真をアップにしてじっくり拝見させていただきました。
素晴らしいです!

はじめまして

Imoon さん

初めまして片岡ひろしです。

コメントありがとうございます。
ブログと作品作りの励みになります。

Imoonさんのブログと息子さんの作品サイトを拝見させていただいております。

息子さんの作品上手ですね。細かいパーツも大きいパーツも効果的に使っていますし、
なにより創る事と創った物で遊ぶ事が好きそう、と感じられるがとても良いです。

息子さんをはじめ今のお子さん方は、以前より複雑な形状になったパーツも細かいパーツも可動するパーツもうまく扱えるのですね。凄いです。
そんな中、当時の私と同じ作り方をしてる箇所や表現方法を見つけますと「うんうん。私もそうした。それが良いんだよね。カッコイイのだよね。」と何と言いますか嬉しく思います。
また、本物と形や色が違っても頭の中で本物に変換したり、作っていない物も想像して遊んでいた当時を思い出しとても懐かしく思います。

私の小学生の時の話ですが、当時は創る事と創ったもので遊ぶことがとにかく楽しみで、飾って楽しむというのはしていませんでした。
(強いて言えば作り終わって「よし」と達成感と満足感を一瞬味わうくらいが飾る楽しみでした。)
ですので、セット物を組み立てた次の日には形が変わっているかバラバラにして違う物を組み立てて遊んでいました。

今でこそ飾る楽しみが分かり、もう1日くらい待たない?という気持ちにもなりますが、言っても止められなかっただろうなと思う次第です。

以上です。どうぞよろしくお願いいたします。

No title

初めまして。貮邑(にむら)と申します。
まるで映画の1シーンのような撮影アングル、とても素晴らしいです。
実写のようです。
ホイールやコンテナなどを使ったディティールもすごいです。

貮邑さんへ

貮邑さん
コメントありがとうございます。
貮邑さんのブログを拝見させていただいております。

特にミニフィグや車などの作品撮影について勉強させていただいております。ミニフィグの手足の調整、作品の配置の仕方、構図等など。わずかに傾けたり、影を付ける事で印象ががらりと変わり、とても効果的で素晴らしい画が撮れるのだと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

お返事ありがとうございました。

素敵なお返事をいただいて本当に嬉しく思っています。
このまま記念にプリントしたいくらい!嬉しいお言葉です。

レゴの素晴らしさって語りつくせないのですけれど、ない物を工夫したり、それで遊びたいがためにどうしても作りたいという思いがあるからこそ、なんか分からないけど子供の作品って凄いぞ!?と思うのかもしれません。
片岡さんが子供の頃の作り方と息子の作り方に共通点を見つけて・・というのもレゴならではなのかもしれませんね。

息子はセットを購入しても即バラして違うものに作り変えるので、親としてはもうちょっとそのままでも・・・なんて思うのですが(笑)

まとまりのない文章で申し訳ありません^^;
息子と一緒に、また訪問させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Imoonさんへ

こちらこそお返事ありがとうございます。
初コメントで長文失礼しました。

国内外、小学生から大人まで各年代の作品を見て、それぞれ凄いなとよく思っております。
その中で小学生の作品の凄さは、夢中になって組んで遊んでいる事が伝わってくる事かなと思います。
うまく言葉にできないのですが一人一人が想像・創造している事や世界。考えている事や設定。表現するのが好きな方は自分の好きか良いと思っている色、形で作る事。そのように思います。
プロフィール

片岡ひろし

Author:片岡ひろし
主にレゴの自作品と市販品を紹介するブログです。それと日頃撮影した風景やねこの写真も載せてます。

Twitter
flickr
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レゴ動画
ギャラリー
Amazon
レゴ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング(リンク)
FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。