スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴの橋 「斜張橋 -ブリッジ1(bridge one)-」作業中

追記
『【明示】
・レゴ社製品(パーツ)のみを使用して橋を作っています。
(レゴ以外のもの、一般的な木材、鋼材等は使っていません)

・接着剤は使用していません。

…はたから見れば普通に出てくる疑問点ですね。遅くなりましたが明示しました。』


ひとまず経過報告です。

前回記事で追記した通り、作業量などの諸般の事情によりサイズ縮小を検討中です。

作りかけですがざっくりとした形状ができたので、強度等の状況を確認する仮の全体テストを行いました。

掲載写真はその時のものです。

IMG_61072.jpg

□「斜張橋 -ブリッジ1(bridge one)-」スペック

●全長:480cm(600stud)
橋の両端はテーブルに載せる予定なので渡る部分は4mを下回るかと。
写真は3.6m程つなげた状態です。

●高さ:170cm

●中央支間長:185cm(232stud)

●橋桁の幅:26cm(32stud)
●橋の幅:38cm(48stud)
土台を含めるともう少し広がります。64stud内には収まってます。

●橋桁までの高さ:76cm
場所によって-1~+1cm。←※注意(試行錯誤中。テストを繰り返して決めます。しばらく掛かります。)


あとは箇条書きでつらつらと

・橋のサイズが家の中に収まらなくなりました。
 ⇒サイズ縮小を検討中です。
(先に大きく作って問題を洗い出してから、小型化した方が後々楽になる場合がありまして…)

・微調整がシビアといいますか、掴みきれていません。
僅かな角度、位置のずれが1、2m先では大きな差になります。全体のどこにどれくらいの影響を与えるかも不確かです。幾通りか試して結果を検証し、ひとまず感覚的に掴めるようにしたいです。今回位置調整が悪かったようで橋桁が歪んでます。
(うーん。次は床に基礎版を置いて、角度と長さのおおよその目安にしてみます。ただ橋桁が持ち上がる分、床での距離と僅かに長くなるはず…)

・トレインが橋中央部に来ると橋桁がたわみます。
橋の両端に橋桁を追加すると、橋の中央部は持ち上がりますので少しはどうにかなるのでは。試してみないと何とも言えないですが。試すにはまだ作業が残っていますので、時間がかかりそうです。

・設置手順
①主塔を含む橋脚を置く
②三分割していた橋桁を置き、ケーブルを張った状態でそれぞれ立たせる
③最後に中央の橋桁をもってきて、左右をつなげる
(本来は橋の両サイドにテーブルなりの置き場があった上での作業を考えていましたので、今回の一人作業はなかなか冷や汗ものでした…)

・プライバシー保護の為、レゴに関わらない部分で画像加工を行いました。

・作業時間が無くレールを全部は設置しませんでした。

・ケーブルを張ったら橋桁が予想以上にフラットになったので驚きました。
(思わず声が出て、ちょっと感動しました)

・橋桁の表面を組み替え、道路橋その他の利用法も考えています。SW等のミニフィグ、車、HF、ロボ・メカ、橋の下には船などを置いての撮影を試してみようと思います。

・ブリッジ1は型番みたいなものです。正式名称はまた考えます。

・残っている作業を今しばらく進めます…

IMG_6133.jpg
別角度からです。

<2013-05-26追記>
関山さん:Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ
で紹介して頂きました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

10223購入と試作中の橋

☆04-25記事の最後に追記しました。☆

クリックブリックで10223「Horizon Express」×2を購入しました。
さっそく組み立て試作中の橋でテスト。

IMG_6083.jpg

スペック(大きさの数値は大体)

10223「Horizon Express」×2
全長:160cm(6両編成)


全長:360cm(正確には456stud)
幅: 20cm(正確には26stud)
高さ:75cm(要は75cmまでは通れます)


Horizon Expressの感想はまた今度。トレインモータを仕込んで動かしたり、駅と合わせたりといくつか試す事がありまして。

問題は橋の方。

●問題点「橋桁が弛む」
特に橋脚と橋脚の間「支間」(しかん、span)がたるみます。
まあ今回、橋桁は置いただけで橋脚にロックしてないですし、突っ張り棒(橋脚から伸ばしているヤツ)も繋げていないのでこんなものかと。
とりあえす橋桁の強度UPと突っ張り棒の接続で解決できればいいな。


あとは雑感をつらつらと

・今回は橋の素体作りです。つまる所使用パーツの種類と量、強度、重量等の調査と技術検証が目的です。今度設計して作るなら斜張橋かな。

・突っ張り棒は太くしようかと、思ったより存在感が全然無い…

・橋脚の高さ、橋桁の長さは変更できます。橋はもう一つありまして長さは150cmです。主に技術検証用。

・カラーリングの変更も可能です。手持ちパーツで新灰部分を白に変更できます。…ちょっと足りないかも。

・重量と幅があるのでそうそう倒れない感じです。ただ倒れると危険なので転倒防止策に努めます。とりあえずは周囲1mに入らないようにするという事で。

・そういえば部屋に入りきらなかったので24stud削ってます。

・設置20分~撮影10分~撤収10分の計40分作業。全力でやってこのタイム… 作業時間はなるべく減らしたい…


その他アングルの写真

IMG_6066.jpg
斜め上から。見切れてますが… ちなみに奥の橋脚下付近にいる黒いのは黒猫のココです。言わなければ気付れなさそう…

IMG_6047.jpg
横斜めから

IMG_6036.jpg
横から。高さの感じが伝われば。

IMG_6080.jpg
先頭車両のアップ

<2013-04-16追記>
現状の強度UP策を考えるより、斜張橋にした方が結果的に容易な気がしてきました。部分的に組み替えて試してみます。ただ、また大型化しそうです。全長4m(支間1.7m)、高さ1.6m、幅32Stud、重量は40~50%UP?小型化、スリム化したいのですが、都度手直しするの大変なので先にざっくりと形を作ってみます。

<2013-04-19追記>
誤字修正 斜長橋⇒斜張橋
間違えて覚えてました…

<2013-04-21追記>
関山さん:Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ
で紹介して頂きました。ありがとうございます。
しばらくの間、斜張橋への組み替え作業を行います。

<2013-04-25追記>
斜張橋化、進行中です。

ざっくりとした形状ができたので、ケーブルを張り仮の全体テストを行いました。

橋桁のたるみは解消し、橋が自立するだけの強度を確保できました。

今後はトレイン(TGV重連12両×2)走行に耐えられる程度の強度確保を目指し、その調整作業を行おうとしています。

ただ、橋のサイズが家の中に収まらなくなりました。

自宅では確度の高いテストが行えず、そのサイズゆえ作業は大掛かりになり、調整作業は相当難航しそうです。

サイズ縮小の検討をはじめています。

スライドショーギャラリー設置(テスト版)

えー、まず生存報告です。生きてます。

状況を説明するとますます戻って来れなさそうな気がしますので止めておきます… 大丈夫と油断して転がり落ちていく事はよくありますし…

レゴや写真やWeb等の各種コンテンツを作り始めてはいます。
諸々出来上がるのにはまだまだ時間がかかりそうです。


本日は「スライドショー機能付きギャラリー(テスト版)」設置の紹介です。

まずは事前説明。

■推奨環境
・通信速度: 100Mbps(光回線とか)
・Webブラウザ: Google Chrome(javascript処理の速いブラウザ)
・画面解像度: 1920×1080(Full HD)
・マシンスペック: それなり

上記条件を前提に、より良く見えるように作ってます。

条件を満たさなくても見れることは見れます。
ですが、レスポンスが悪い(スムーズに動かない)などでこちらの表現/演出意図に沿わない場合がありえます。

とりあえずウチのIE8だと動作がもたつきました。無理矢理動かしている部分もありますし、レスポンス改善等の対応策も無くは無いですけど、先に効果を検証しようと思います。(ログやアクセス解析を見ますと通信速度は分からないですが、画面解像度やマシンスペックは条件を満たしている事が多いです。Google Chromeの使用率は低めで少々心配です…)


前置きは以上です。

今回は2つのギャラリーを設置しました。

※なお、マウスポインタ(マウスカーソル)を写真の上に置くとスライドが停止します。スライドさせる場合はマウスポインタを写真外に移動させてください。
※もう一つ、ページ表示後にF11キーを押し、全画面表示にすると少し見易くなります。(もう一度F11キーを押すと通常の画面表示に戻ります。)

ブログギャラリー

本ブログにアップしている写真を一部抜粋しました。ジャンルがバラバラですけど、こんな写真を撮ってますという紹介です。


JAM2012「Lゲージ ブロック玩具で作る鉄道模型」ギャラリー

昨年(2012年)の第13回国際鉄道模型コンベンション(JAM2012)「Lゲージ ブロック玩具で作る鉄道模型」ブースにて撮影したものです。

こちらも撮影した中の一部抜粋です。

あらためて掲載する写真を選んでみますと、写真を撮影する段階で撮り漏らしが多かったのと、露出や焦点合わせの失敗が多かったです。原因は色々ありまして、ビデオと写真どちらも撮影しようとする事(よくやるんですが少々無茶がありますね…)、初回で撮影全量やペース配分、撮影環境がよく分からなかった事、被写体の撮影経験不足などなど。いくらか改善している所と対応策がありますけど、規模/種類/量があるので簡単ではないですね。

ブース詳細:
Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログのカテゴリ「イベント(JAM) 」

イベント詳細:
特定非営利活動法人「日本鉄道模型の会」


Google Chrome全画面表示モード用

下記リンクから、ページ表示後にF11キーを押し、全画面表示にしてください。
画面解像度:1920×1080(Full HD)の場合にうまく納まるはずです。
もう一度F11キーを押すと通常の画面表示に戻ります。

ブログギャラリー

JAM2012「Lゲージ ブロック玩具で作る鉄道模型」ギャラリー

追記
推奨環境でも動作がもたつきました(スライドする時、次に表示する画像が一瞬映ってしまう)。すみません。
htmlのみローカルに置いてテストしていた時はこんな症状でなかったのですけど。と、まあ、そこら辺を手がかりに原因究明していきます。

<2013-04-06追記>
IEでローカルにHTMLを完全保存 ⇒ ローカルのHTMLを今度はGoogle Chromeで開く ⇒ 正常に描画
…ナンデ? ドキュメント宣言でも悪いのか、余計な設定を引っ張ってきているのか。他のjQueryを使ってみたりと色々試してみます。
プロフィール

片岡ひろし

Author:片岡ひろし
主にレゴの自作品と市販品を紹介するブログです。それと日頃撮影した風景やねこの写真も載せてます。

Twitter
flickr
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

レゴ動画
ギャラリー
Amazon
レゴ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング(リンク)
FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。